アイテムを海外通販激安 ミュウミュウ バッグ 新作 2013

アイテムを海外通販激安 ミュウミュウ バッグ 新作 2013 ミュウミュウ 財布 新作 2013,ミュウミュウ 長財布,ミュウミュウ バッグ 新作 2013 ラボで死亡 ラボのマシンショップで22yearold学部学生ミケーレDufault、旋盤に絡まっ彼女の髪の死体があった。 彼女は明らかに 真の悲劇とリチャード·レヴィン、ニューヘブン、コネチカット州のエールの社長によって記述事故で窒息で死亡した。 日以内に、連邦政府の健康と安全当局は調査を開始した。 詳細が不足しているが、それはDufaultが機器と未経験ではなかったことは既に明らかであり、彼女は仲間の物理学学生ジョーオルークによると、トレーニングコースを取っていたし、何度も前に、安全に旋盤を使用していた。 彼女はマシンショップで珍しいことではありませんでした状況を夜遅くまで働いて、おそらく単独(エールは確認していないだろうと推測)、しかし、あった、オルーク氏は述べています。 米国ごろ、実験室の取締役および安全担当者はすぐにマシンショップ内労働慣行に自分の方針を確認した。 しかし、事故はまた、研究の自由と学界で安全な労働条件とeverpresent緊張に関する幅広い懸念が高まっています。 そしてそれは、同じようなsoulsearching未満三年前につながった別のhighprofileラボの死亡以来、変化の遅いペースを強調している。 2008年後半に、23yearold研究助手Sheharbanoサンジは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)での実験室火災で恐ろしい火傷を持続し、18日後に彼女の傷害で死亡した。 大学のための連邦政府の罰金やそこ安全政策の急速な強化にDufault'sresultedからサンジのdeathin非常に異なる状況。 研究所安全のための新しいセンター、安全政策の効果を測定し、安全性に科学者のアプローチを改善する方法を開発するために米国で最初として請求されています3月30日、UCLAは、最新の安全イニシアチブを発表しました。 それは、主任研究者の態度を変えることは非常に困難だとジェームズ·ギブソン、環境衛生と安全性のUCLAのディレクターは述べています。 あまりにも頻繁に、全国の研究所の研究者はまだ一人で作業し、適切な監督または保護なし。 多くの場合、学問の自由は、安全性よりも重要である、ジムカウフマン、ナティック、マサチューセッツ州の研究所安全性研究所の社長は言う。 このような懸念が学界全体に適用化学焦点が、化学実験室での事故は、近年ではほとんどの精査を集めました。 今年サンジの死後、プレストンブラウン、ラボックのテキサス工科大学で化学の大学院生は、危険な実験の間に彼の左手の三本の指を失った。 ブラウンは、それが爆発百回推奨amountwhenをperchlorateusingニッケルヒドラジンの塊を粉砕した。 珍しく、米国化学物質安全委員会(CSB)は通常、製油所などの大規模な産業事故を調査体が史上初めてインチexplosionsstepped、それが学術的実験の安全性を検討すると述べた。 ボストン、マサチューセッツ州のアメリカ化学会の2010年8月の会合で、CSB会長ラファエルMoureErasoボードは2001年以来、約120大学の化学実験室での事故の報道を集めたと述べた、と米国の大学での安全対策は、に多くを残して と結論 望まれる。 他の科学の中で最も危険な手順は、より詳細な安全プロトコルを持っている傾向があるので、化学ラボでは懸念の特定の焦点となっている、ピーター·ラインハルト、エール大学の環境衛生と安全性の頭部は言う。 はるかに厳しく規制されている放射性物質や生物学的物質を使用して、彼は(Dufaultの事故の前に話して)自然に語った。 大きなギャップが研究室で有害な化学物質である。 リックDanheiser、化学部門の安全衛生委員会の議長を務めるケンブリッジのマサチューセッツ工科大学の有機化学者は、いくつかのラボの安全基準があまりにもずさんであることに同意します。 しかし、 非常に強い安全プログラムと化学部門がある、との間で​​研究室の全範囲がある、と彼は言う。 サンディエゴ、カリフォルニア州に拠点を置くコンサルティング会社アドバンスト·化学物質安全性を、実行ニールLangermanは、問題の程度についてもっと耳障りです。 私は、ほとんどの学術研究所は、仕事や勉強のために安全でない会場であるという結論になってきたと、彼は化学物質安全衛生のジャーナルで2009オピニオン欄に書いている。 彼は今、最近の事故にもかかわらず、彼が安全に化学者の態度に大きな変化に気づいていない、と言う。 米国の科学者は、新しいドッグ機関、連邦労働安全衛生局(OSHA)と一緒に、1970年代に到着した労働衛生法の帯状前より今日紛れもはるかに安全です。 OSHAは、それぞれの化学実験室で安全プロトコルおよび緊急proceduresalthoughこれらの要件を詳述ハンドブックはほとんど検査によって強制されていませんplan'effectively '化学衛生を準備すべきことを定めたときにさらなる改良は、1991年に来た。 米国労働統計局は、科学的な研究開発サービスにおける記録インシデントの割合は2009年の2.1から2003年には100フルタイムの従業員あたり1.2まで低下したという。 しかし、政府は、大学の研究室で、特に大規模な事故やニアミスを追跡しません。 ちなみに、ほとんどの人は大学の研究室は、業界よりも頻繁かつより頻繁に重大な事故があることに同意し、ドロシーZolandz、化学科学と技術に関する全米アカデミー委員会のディレクターは述べています。 研究者たちは、しばしば、それが権力の明確階層​​、少ない経験の浅い学生、および管理に責任を持っているので、業界が安全基準を高く保つための学界より良い位置にあることを指摘している。 明確な違いの一つは、孤独な作業である:昨年米国化学学会の調査では70.5%の教員や大学院生の52.1%は、しばしばまたは時折研究所、業界では禁止されている何かで一人で作業することを示唆している。 安全役員および経験豊富な化学者は優れた実験室の安全性定期検査よりもはるかに依存していると言う。 キー何、インペリアル·カレッジ·ロンドンのトムウェルトンは言う、グループの研究代表者が研究者は本能的に自分の心の中で何よりも安全性を持っている文化を構築、実験室で科学をやってみんなの安全のために明確な責任を負うということです。 2010年11月に実験室の安全性に関する米国国立研究評議会の会合で提示された証拠はウェルトンのポイントをバックアップします。 ロンZanoni、コロンブ、フランスに拠点を置く国際的な化学物質の巨人アルケマ、における労働安全のマネージャーはアルケマの様々な米国サイトで年間7.8から0.8までの場合の傷害率を発見した2004年の調査を示した。 違いは協力関係と異なるサイトのトップダウンのリーダーシップのエンゲージメントとよく相関し、Zanoni氏は述べています。 貧しいレコードを持つラボでの安全指導を改善すること、2007年までに傷害率を減少させていた。 文化は本当に長期的な課題になるだろう。 過去2年間で、大学は研究室の安全規制、訓練や点検ランプアップしています。 しかしナンシーウェイン、新しい研究室安全センターのボード上の生理学教授は、UCLAの研究者は、常に時々の基準の改善に '警察'のではなく、パートナーとして環境検査官を見て、厳しい体制を理解していないと言います。 文化を変更すると、本当に長期的な課題であることを行っている、ギブソン氏は述べています。 一部の教授は、彼は言う、でもサンジの事故の状況を与えflameresistantラボcoatsa苦い皮肉の必要性を疑問視している。 彼女はそれが彼女の服が降りる設定、炎上時ボトルから反応tブチルリチウムを描画するために注射器を使用していました。 彼女は白衣を着ていませんでした。 それ以来、労働安全衛生のカリフォルニア部門は安全違反の70,000 US $の周りのUCLAでの罰金を合意している。 サンジの上司、パトリック·ハランは、面接のために自然の要求を断っ。 ロサンゼルス地方検事は、まだサンジのケースを検討しており、まだハランやUCLAのどちらかに対して刑事告発を押しているかどうか決めていない。 これは確信をもたらした場合は、 ルールは右側を完全に変更し、そこに、Langerman氏は述べています。 あなたはひどく誰かを傷つけた場合、突然のすべてが、あなたは重罪料が直面する可能性があります。 イギリスでは、法的措置の脅威は変化のための強力なインセンティブであることが証明されました。 25年ほど前、ブライトンのサセックス大学の化学実験室で爆発が学生の腹部に金属片を撃った。 最終的には回復した学生が、政府の健康と安全エグゼクティブ過失ためサセックス大学起訴。 エピソードは、英国での安全基準に大きな影響を持っていた、ウェルトン氏は述べています。 今日では、英国の研究者は、すべての実験の前に、米国で必要とされていない何かをリスク評価を書き留めする必要があります。 私はそれが全体的な学界の一部で本当に生み出す変化に、おそらく不当に、処罰される教授がかかると思うとchemicalsafetyブロガーChemjobber、米国における産業合成有機化学者は述べています。 しかし、資金提供機関はまた、役割を果たすことができます。 CSBは、例えば、助成金申請は、特定safetytraining要件を含めるべきであると推奨して検討している。 私は長い目で見れば、CSB勧告、できるだけ新しいOSHAラボ標準、および米国化学会からの入力は、規制気候の修正につながると思うとLangerman氏は述べています。 しかし、科学者が安全にイニシアチブをとる前に、それらの変更を待つべきではない、と彼は付け加えた。 学術コミュニティのメンバーは、業界に拒否されユニークな自由を持っていると彼は言う。 彼らは、彼らが与えられた自由をサポートするように動作するユニークな責任がある。 弊社の激安ミュウミュウショップです.ミュウミュウ財布.ミュウミュウ.財布 コピー.ミュウミュウ アウトレット激安.財布偽物.財布通販.財布2013. 財布スーパーコピー.イヴィトン 新作.品質は良くて.価格は安くて